お茶の豆知識 おいしいお茶の入れ方や、宇治茶の歴史など、お茶にまつわるあれこれをご紹介します。

宇治茶の種類

日本を代表する宇治茶産地、京都府。
なかでも山城地域は良質の宇治茶が栽培されています。

陽当たりの良い豊かな土壌と宇治川・木津川の清流のほどよい湿気に恵まれて、
香り高い風味をつくり上げました。

長い歴史の中で育てられた宇治茶には、いろんな種類があります。

玉露

あざやかな緑色をした宇治玉露は、日本茶の最高級品。 まろやかでコクのある味わいが、舌に残ります。
→ご購入はこちらから

かぶせ茶

宇治玉露のようにして作られる宇治茶。宇治玉露の風味と宇治煎茶のさわやかさを持ち合わせています。
→ご購入はこちらから

煎茶

緑茶の代表です。さわやかな香りと上品な渋みのある味わいが身上。飲んだ後に清涼感があります。
→ご購入はこちらから

抹茶

蒸した葉をもまずに乾燥し、石臼でひいて粉にしたもの。まったりとした甘みのある味わいが楽しめます。
→ご購入はこちらから

かりがね

かりがねは、宇治玉露や宇治煎茶の製造途中に取り除かれた茎や茶軸。茎独特の味が特徴です。
→ご購入はこちらから

青柳

一番茶をとった後に収穫した茶葉(刈り直し一番)です。食後の一服、お茶漬けなどにどうぞ。
→ご購入はこちらから

粉茶

宇治玉露や宇治煎茶を仕上げ加工する際に取り除かれた粉を使用。色・味ともに濃厚な宇治茶です。
→ご購入はこちらから

ほうじ茶

香ばしくて軽い味わいです。お子様やお年寄りにもやさしいのどごしが人気。
→ご購入はこちらから

玄米茶

宇治茶に、炒った玄米を加えたお茶。玄米の芳ばしい香りと宇治煎茶のさっぱりとした味が楽しめます。
→ご購入はこちらから
〒610-0255 京都府綴喜郡宇治田原町郷之口中林12
営業時間:AM9:30~PM4:30 年中無休(年末年始除く)
ページのトップへ戻る