お茶の豆知識 おいしいお茶の入れ方や、宇治茶の歴史など、お茶にまつわるあれこれをご紹介します。

おいしいお茶の入れ方

ていねいに入れて味わうお茶は格別です。
自分の好みの味と入れ方を見つけましょう。

玉露(3人分)

50℃くらいの低温でじっくり入れることで、独特の旨味が引き立ちます。

  1. 急須と湯のみをあたためる
  2. 急須に大さじ2杯の茶葉と、50~60℃のお湯90mlを入れる
  3. 1~2分むらす
  4. 湯のみにまわし注いで、濃さが均一になるようにする。ポイントは最後の1滴まで注ぎきること!

抹茶

  1. あたためた抹茶碗に、小さじ半分くらいの抹茶を入れる
  2. お湯を入れて茶せんで細かく泡立つまで、空気を含ませるように混ぜる

※道具にこだわらず、カフェオレボウルとミニ泡立器などでも自由に楽しんでください

煎茶(3人分)

  1. 急須に大さじ2杯の茶葉を入れる
  2. 70~90℃のお湯210mlを入れる
  3. 30秒~1分むらす
  4. 湯のみにまわし注ぎ、濃さが均一になるようにする

番茶・ほうじ茶・玄米茶(5人分)

  1. 急須に大さじ3杯の茶葉を入れる
  2. ぐらぐら沸いた熱湯をたっぷり注ぐ
  3. 30秒ほどむらして、濃さが均一になるように湯のみにまわし注ぐ

※お茶の種類によって、やかんで数分煮だすなど、違いがあります。
お茶が入っていた袋の指示通りに入れてみてください。

〒610-0255 京都府綴喜郡宇治田原町郷之口中林12
営業時間:AM9:30~PM4:30 年中無休(年末年始除く)
ページのトップへ戻る