お茶の豆知識 おいしいお茶の入れ方や、宇治茶の歴史など、お茶にまつわるあれこれをご紹介します。

保存方法

気に入って買ったお茶は長くおいしく楽しみたいものです。
お茶の保存で気をつけることは、以下の2点です。

1. できるだけ空気に触れないようにする
2. 直射日光を遮る

茶袋の口をしっかり閉じて、袋に入れたまま、光を通さない茶缶に入れておきましょう。
茶缶は密閉度の高いものを選び、乾燥剤などを入れることをおすすめします。

そして、できるだけ早く飲み切ることが重要です。
コーヒーのように少しずつ買い、新鮮な状態のお茶をいつでも飲めるようにすると良いでしょう。

抹茶は特に缶の開封前から、低温で保存しましょう。
冷蔵庫や冷凍庫に入れる場合は、匂い移りがないように、缶ごとビニール袋に入れるとよいでしょう。

煎茶が湿気てしまったり風味が飛んでしまったら、フライパンで空煎りすると、ほうじ茶になります。
ほうじ茶も自分で煎り直すと、また香ばしさを取り戻します!

〒610-0255 京都府綴喜郡宇治田原町郷之口中林12
営業時間:AM9:30~PM4:30 年中無休(年末年始除く)
ページのトップへ戻る