お茶の郷 京都宇治田原から全国へ。宇治茶の郷は、JA京都やましろ直営の宇治茶販売所

おいしいお茶の入れ方

ていねいに入れて味わうお茶は格別です。自分の好みの味と入れ方を見つけましょう。

玉露

玉露

50℃くらいの低温でじっくり入れることで、独特の旨味が引き立ちます。

  1. 急須と湯のみをあたためる
  2. 急須に大さじ2杯の茶葉と、50~60℃のお湯90mlを入れる
  3. 1~2分むらす
  4. 湯のみにまわし注いで、濃さが均一になるようにする。ポイントは最後の1滴まで注ぎきること!
抹茶

抹茶

道具にこだわらず、カフェオレボウルとミニ泡立器などでも自由に楽しんでください。

  1. あたためた抹茶碗に、小さじ半分くらいの抹茶を入れる
  2. お湯を入れて茶せんで細かく泡立つまで、空気を含ませるように混ぜる


煎茶

煎茶

緑茶の代表です。さわやかな香りと上品な渋みのある味わいが身上。飲んだ後に清涼感があります。

  1. 急須に大さじ2杯の茶葉を入れる
  2. 70~90℃のお湯210mlを入れる
  3. 30秒~1分むらす
  4. 湯のみにまわし注ぎ、濃さが均一になるようにする
番茶・ほうじ茶・玄米茶(5人分)

番茶・ほうじ茶・玄米茶(5人分)

お茶のによって数分煮だすなど違いがあります。お茶が入っていた袋の指示通りに入れてみてください。

  1. 急須に大さじ3杯の茶葉を入れる
  2. ぐらぐら沸いた熱湯をたっぷり注ぐ
  3. 30秒ほどむらして、濃さが均一になるように湯のみにまわし注ぐ

保存方法

気に入って買ったお茶は長くおいしく楽しみたいものです。 お茶の保存で気をつけることは、以下の2点です。

1. できるだけ空気に触れないようにする

2. 直射日光を遮る

茶袋の口をしっかり閉じて、袋に入れたまま、光を通さない茶缶に入れておきましょう。 茶缶は密閉度の高いものを選び、乾燥剤などを入れることをおすすめします。 そして、できるだけ早く飲み切ることが重要です。 コーヒーのように少しずつ買い、新鮮な状態のお茶をいつでも飲めるようにすると良いでしょう。 抹茶は特に缶の開封前から、低温で保存しましょう。 冷蔵庫や冷凍庫に入れる場合は、匂い移りがないように、缶ごとビニール袋に入れるとよいでしょう。 煎茶が湿気てしまったり風味が飛んでしまったら、フライパンで空煎りすると、ほうじ茶になります。 ほうじ茶も自分で煎り直すと、また香ばしさを取り戻します!